カメラ嫌いな子供の写真の撮り方のコツ3選

子供の撮影テクニック
つむぎ
つむぎ

うちの子のかわいい写真が撮りたいのに全然うまく撮れない…。

どうやったら子供を可愛く撮れるの?

子供はカメラを構えられた瞬間にそっぽを向いたり、楽しそうでなくなったりと、こちらの言うことを聞いてくれないことが多いですよね。

私は、フリーランスのカメラマンとして数年間、家族写真やお子さんの写真を撮ってきました。

中には恥ずかしがったり、緊張しすぎてしまったりカメラが苦手な子供もたくさん見てきました。

今回は、そんな経験をたくさんしてきた私が子供の写真撮影の疑問にお答えします。

スポンサーリンク

カメラ嫌いな子供の写真の撮り方

カメラが苦手な子供の写真を撮るときのコツは3つあります。

「笑って」などの注文をしすぎないこと

写真を撮りすぎないこと

・子供と一緒にこちらも楽しむこと

一つずつ解説していきます。

1.笑ってなどの注文をしすぎないこと

子供に「笑って」や「こっち向いて」など注文をたくさんつけてしまうとプレッシャーに感じたり、機嫌が悪くなってしまいます。

親としては、かわいい我が子のベストショットを撮りたいと思っていても、そんな都合は子供には関係ありません。

せっかく遊んでいたのに邪魔をされたと思ってしまい、どんどんカメラが嫌いになってしまうことさえあります。

なので、あまり注文はつけないで子供が楽しんでいたり、何かに集中している時に撮ってみてください。
子供がカメラに気づかないで自然な笑顔の写真を撮れます。

2.写真を撮りすぎないこと

何枚もパシャパシャ写真を撮られると子供からするとうっとうしいですよね。
子供が遊んでいた時にやりすぎてしまうと子供の遊びの邪魔にもなってしまいます。

中にならずに適度に撮って、子供と一緒に遊ぶことも忘れないようにしてください。

3.子供と一緒にこちらも楽しむこと

子供は当然、親とも一緒に遊んで欲しいと思っています。
遊びに構わず、撮影ばかりをしてしまうと機嫌を損ねてしまうので、注意してください。

また、写真を撮るには、離れて撮ったりなど一定の距離が空いてしまいます。

子供は繊細なので、お母さん、お父さんが離れていることにも気になってしまいます。

親と遊べばさらに子供は楽しくなって笑顔が増えます。
撮影に集中しすぎず、一緒に楽しんでみてください。結果的にそちらの方がシャッターチャンスは増えます。

どうしても上手に撮れないとき

色々試してみたけど、どうしても子供の写真が上手く撮れないと言う場合には、プロにお願いしてしまうのも一つの手かと思います。

子供の成長はあっという間です。特に記念日などの大切な日の思い出は失敗したくないですよね。

プロは家族写真、子供の写真を撮ること専門としているので、素敵な写真を残すことができます。

私のおすすめはラブグラフと言う出張撮影サービスです。

こちらは全国どこでもプロのカメラマンが来て、家族の写真を撮ってくれます。

プロに撮影を頼むとなると写真館やスタジオを想像される方も多いですが、場所は公園や家にも来てくれてとても便利です。

3日前までキャンセルもできるのでそこも嬉しいポイント。

肝心の写真のクオリティについてはリンクから覗いてみてください。

まとめ

カメラが苦手な子供を撮るときのコツを紹介してきました。

おさらいをすると

1.「笑って」などの注文をしすぎないこと

2.写真を撮りすぎないこと

3.子供と一緒に楽しむこと

以上をまず意識してみてください。

格段にいい写真が残せるかと思います。

それでも納得がいかなかったらプロに頼んでみるのもいいかと思います。

タイトルとURLをコピーしました